必要な生活費や手続き

在留カード

出入国港において在留カードが交付された方は、
住居地を定めてから14日以内に在留カードを持参の上、
住居地の市区町村の窓口でその住居地を法務大臣に届けなければなりません。

国民健康保険

日本で病気やけがをした場合、お金がとてもかかります。国民健康保険は、そのような場合、病院で治療にかかる費用が70%カットされるという保険です。もし、国民健康保険に入っていなくて、病気なのにお金を気にして病院へ行けなかったら大変ですよね。入学後、スタッフが手続きのサポートをします。市区町村の役所にパスポートか在留カードを持って手続きをします。

資格外活動

新規入国者、「留学」の在留資格が決定された方は、出入国港で資格外活動許可申請ができます。
また入国管理局において資格外活動許可申請書に記入しパスポートと在留カードを添えて申請します。

入国管理局ホームページ
http://www.immi-moj.go.jp/

アルバイト

留学生は資格外活動許可証を取得してからアルバイトをすることができます。時給は地域によって異なりますが、800円~1,200円です。
留学の在留資格で日本にいる学生は1週間に28時間働くことができます。春休み、夏休み、秋休み、冬休みの長い休みの間は、1週間に40時間まで働くことができます。最大28時間働いたとして、1ヶ月のお給料は89,600円~134,400円になります。
ただし、日本語がある程度上手にならなければアルバイトすることは、もちろんできません。特に初級の学生に関しては、来日以降6ヶ月くらいは、焦ってアルバイトを探すよりも日本語の上達に集中した方が、結果として日本語も早く上達し、アルバイトを見つけることができます。

1ヶ月の生活費シミュレーション

留学生が1ヶ月にかかるお金をシミュレーションしたものです。日本での生活に備え計画的に準備し充実した生活を過ごしましょう。
※このシミュレーションは目安です。実際の生活費は学生によって変わります。
※日本で生活をスタートするのにはお金がかかります。入国するときには当面の生活費として少なくとも30万円程度あるとよいです。

1ヶ月の生活費シミュレーション